たくさんのカプセル

便利でかつ安全な薬

現在フィラリアに効くといわれている予防薬にはどんなものがあるのか?実際に調べてみるとかなりいろんな名前の薬を目にすることになると思いますが、なかでも特に今回はおすすめしたい薬があるので紹介していきます。

カプセルと錠剤

どこからやってくるか

フィラリアがどのようにしてあなたのペットに感染してくるのか。その内容について深く掘り下げていきます。実はとても身近な存在によって簡単に感染してしまうので、まずは感染経路を知っておいてください。

指でつまんでいる薬

使う前にちゃんと相談

さまざまな種類のフィラリア予防薬がありますが、あなたのペットの状態やフィラリアの進行状態次第では副作用を起こすこともあるでしょう。そういうことも踏まえて、まずは医師としっかり相談してください。

指でつまんでいるカプセル

記事一覧

「あなたの大事なペットも、フィラリアに感染するかもしれない」の記事一覧です。

実は犬だけではない

束になっている薬

フィラリアという病気は、犬を飼っている人だったらなんとなく聞いたことある人も多いかと思います。
世間ではよく犬に発生する病気ということで広く認知されていますが、実は犬だけではなく最近では猫にも見られるようになりました。

つまり、猫を飼っている人もフィラリアという病気をもっと意識しておいた方がいいでしょう。
では猫に発生するフィラリアとは実際に犬に発生するものと何か違いはあるのか?

まず猫に起こるフィラリアという病気はまだまだ有名ではありませんが、なぜ有名じゃないのかというと猫の場合は「突然死んでしまうことが多い」ためです。
つまりフィラリアに感染しているかどうかを発見するのが困難なので、飼い主も気づかないことが多いです。
しかも明確な症状が出ないままフィラリアによって急に猫が死んでしまうおそれもあるので、感染してから気づくということはかなり難しいことだといえるでしょう。

そしてフィラリアは犬糸状虫と呼ばれる虫のことを指しますが、犬の場合は主に心臓や肺などに寄生しています。
しかし猫の場合はそれに加えてなんと「脳みそ」に侵入することが多々あります。
犬でもそういうことはありますが、脳へ行くパターンは猫の方が圧倒的によくあるでしょう。
最大で30センチくらいの大きさになるのがフィラリアなので、そんなものが脳に行ってしまったら大ダメージを受けてしまいます。
特に猫の方がフィラリアによるダメージを感じやすくなっているので、実際に気づいたときには遅かったりする場合がよくあります。
だからこそ猫の飼い主さんもフィラリアには注意していかなければいけません。